ニキビ跡を消す方法とは?

ニキビ跡を消す方法とは?

せっかくニキビが治ったのに、ニキビ跡ができてしまったという経験をした人は多いと思います。

ニキビ跡によるシミはもう消すことはできないのではないかと、心配になる人は少なくありません。

ニキビには段階あり、毛穴に角栓が詰り膨らんだ初期の状態が白ニキビであります。

白ニキビが化膿して黄ニキビとなり、更に炎症を起こしてしまうと赤ニキビになります。

ニキビ跡の多くは、赤ニキビである炎症の際にメラニン色素が産生されて、色素沈着により茶色のシミとなってしまいます。

健康な肌はターンオーバーにより新たに生まれ変わるので、表皮にできた色素沈着のシミは、次第に薄くなり消えていきます。

しかし、炎症が悪化して真皮にまでダメージを与えてしまうと、毛細血管が壊れてしまい、血液が細胞に漏れてしまいます。

ヘモグロビンは酸素と結合することにより酸化して、赤黒色のシミができてしまいます。

赤黒色になったシミは固まった血液を溶解する、マイクロファージの働きにより消すことができます。

十分な水分と保湿により、健康な肌に改善することが大切です。

ニキビができると潰さないように、気に掛ける人は多いと思います。

肌をきれいに保ち、自然に治るのを待つことでしょう。

しかし、化膿してしまい、更には炎症を起こした赤ニキビとなって目立ってしまう人も少なくありません。

多くの人が悩むニキビ跡は、赤ニキビとなってしまった後に起こる可能性が高くあります。

なぜなら、ニキビ跡となるシミは、炎症を起こす際に発生するメラニン色素が、皮脂に沈着することが原因で起こります。

また、炎症が悪化して真皮にまで影響を及ぼしてしまうと、毛細血管が壊れてしまいます。

細胞に漏れた血液が酸素と結合することで酸化を起こし、赤みのあるニキビ跡から次第に黒褐色のシミへと変わっていきます。

ニキビ跡を消すには、乾燥を防ぎ水分と保湿によるケアを行うことが大切です。

肌のターンオーバーを正常にすることで、徐々にメラニンが排出されてシミを消すことができます。

酸化によりできたシミは、抗酸化作用のある成分が配合された化粧品がお勧めです。

毎日のケアでニキビ跡を消す

敏感肌の人でも安心な化粧品もあるので、参考にしてみて下さい。

なぜニキビ跡ができてしまうのか

ニキビといっても初期症状である白ニキビから、化膿した状態が黄ニキビ、炎症を起こしてしまった状態が赤ニキビと段階があります。

炎症を起こした赤ニキビとなってしまった場合に多く、ニキビ跡ができてしまいます。

炎症を起こすとメラニン色素が生成され、シミの原因となります。

皮脂の表面にある表皮に色素沈着した場合は、皮脂のターンオーバーにより元の肌に戻ります。

しかし、炎症により皮脂の奥にある真皮が壊れてしまうと、赤みが残ってしまったり、凹凸ができてしまったりします。

皮膚の組織が壊れてしまうと、正常にターンオーバーを行うことができず、ニキビ跡を消すことができなくなってしまうのです。

ニキビは早い段階でケアすることが大事であります。

また、思春期ニキビに比べ大人ニキビは治りにくいので、ニキビ跡になりやすいのです。

しっかりと保湿して、健康的な肌に改善することが、ニキビ予防への近道であります。

特に大人ニキビは、ストレスや不規則な生活習慣が原因で引き起こします。

生活習慣を見直すことも、ニキビ予防に効果的であります。